最近の剣道人気

こんにちは、“お得な情報”をお届けする【レコメンド・スタイル】の横山です。

今回は、剣道の胴が大変お得な価格で購入できる、『剣道防具コム』をご紹介したいと思います。


剣道はいろいろ用具を揃えないいけないので、敷居が高いように思われていますが、実は最近、子どもの人気が高まっているんだそうです。

全国の道場で組織する「全日本剣道道場連盟(東京都大田区)」によると「少子化が進むなかでも、剣道を始める子どもは増加傾向にある」といいます。

その証拠に、中学生などの取得が多い初段の昨年度の段位保持者は、3年前より3000人以上増えました。

少年剣道の強豪道場として知られる福岡如水館(福岡市)は、小中学生が100人弱と3年前の倍近い水準です。

一時期「サッカーなどに流れていた子が少し戻ってきた」と話す副館長の市川竜太郎さんは「礼儀やしつけを重視して通わせる親も多い」といいます。

昨年度から始まった中学校の武道必修化の影響があるかもとも分析しています。

実際の剣道での指導では、怒るとやる気を無くす子も多いんだとか。

「スポーツ教室ではなく道場なので、ある程度の厳しさは必要」としながらも、褒めて伸ばすことを基本方針としているようです。

武道に通う子どもが増えた背景には、習い事の種類が増え、組み合わせが多様化していることも影響しているようです。

ベネッセ教育総合研究所の調査によると、スポーツ活動をしている幼児の約25%、小学生の約30%が2つ以上の運動を掛け持ちしているそうです。

運動系だけでなく、運動系と英会話などの学習系、運動系とピアノなどの情操系というケースもあるそうです。

なかでも礼儀や精神面を重視する剣道や柔道などの武道は特徴が際立ち、組み合わせ時の選択肢に挙がりやすくなっています。。

笹川スポーツ財団(東京都港区)の武長理栄研究員は「特に小さいうちは、複数の種目を習わせる親が多い」と話します。

最初から一つのスポーツに絞らず、子どもの可能性を探る傾向があるようですね。

剣道の防具「胴」の買い替えポイントとタイミング

剣道を始めると、まず揃えるのが防具一式です。

最初は入門者用のものを買われると思いますが、段々と慣れて来て、腕も上がって来るとそろそろ買い替えたくなるものです。

それでは、具体的にどのようなタイミングがよいでしょうか。

年齢別にそれぞれのポイントを見て行きましょう。


まず、お子様の場合ですが、これはやはり成長に合わせてというのが、一番のタイミングです。

特に小学生で始められる方は、恐らく最初に購入する防具は、剣道場の先生や先輩、あるいは剣道の道具屋さんからも、少し大きめのものを、とアドバイスされたかと思います。

そこで、やや大き目の胴を買われる事が多いのですが、お子様の成長につれて、徐々にぴったりになり、そのうち小さく窮屈になってきます。

具体的には、胴を付けた時に、脇腹の部分に手がすっと入るかどうかがポイントです。

ギュッと突っ込まないと入らない、あるいはそもそも入らないとなると、体と胴が密着しし過ぎている状態ですから、打たれた時の衝撃がもろに体に伝わりよくありません。

これが横幅の買い替えポイントです。


次に縦幅ですが、上は鎖骨が少し出る程度、下は垂の帯周りと重なる程度になるのがよいです。

身長が伸びますと、首回りを守るために今まで通りの高さで付けていると、今度は垂の帯周りが露出してしまうことになります。

これでは外された時の衝撃から守ることが出来ませんので、これも買い替えの目安となります。


材質についてですが、小学生のうちは竹や本塗りなど本格的なものにこだわる必要はないでしょう。

竹のほうが樹脂製よりも耐久性や対衝撃性に優れていますが、小中学生はどんどん大きくなってしまうので、あまり高価な防具を買っても使う時期が短くややもったいないと思います。


次に高校生以上の方ですが、おおよその体格の成長が一段落する高校生くらいからは、剣道を将来にわたって続けて行けそうかどうかも含めて防具選びを検討する時期となります。

高校生ともなると、部活や道場の一員として大会に出場する機会も出てきますし、段位に挑戦する方も出て来ると思います。

そうなると、稽古も中学生までとは違うレベルで激しさを増していきますし、相手も打突の力が増していますので、特に耐久性、対衝撃性は重要になります。

また、俊敏な機動性を得るためには、防具は少しでも軽いものを選びたいところです。

ただ、丈夫であることと軽いことは、矛盾する要素ですので、どうしても価格も高くならざるを得ません。

そして、高校生ともなると、見た目のカッコよさも気になってきますから大変です。

しかし、まずは機能性を重視した選択をすることをお勧めします。

樹脂の中でも強化樹脂であれば耐久性はかなりありますので、竹でなくても大丈夫です。

また、飾りや刺しはオプションでいろいろと選べるメーカーも多いので、まずは胴台をベースにして選ぶとよいでしょう。


最後に一般の方の買い替えポイントですが、剣道を全国大会レベルで続けて行かれる方は別としても、ライフワークとして続けて行こうという方であれば、まず見た目の美しさにはこだわりたいところですね。

段位を目指すのであれば、風格も必要になっていきます。

胴台がしっかりしているものを選ぶのは基本ですが、飾りや刺しにもいいものを選びましょう。

お値段はアップしてしまいますが、縫い方は手刺し縫いを選びたいところです。

また、手刺しの方がミシン刺しよりも柔軟性や軽量化に優れていると言われています。

ただし、気を付けないといけないのは、手刺しは職人さんの腕はもろに出てしまうので、品質が値段に反映されやすい点です。

手刺しで安いというのは、思ったほど品質がよくない場合もあるので、実績のある販売店を選びましょう。

剣道の胴がお得に購入できるお勧めサイト


   

   


では、胴を購入するのにお勧めの通販サイトをご紹介させていただきま。

『剣道防具コム』というサイトで、しっかりとした品質の胴が低価格、そして全て胴紐が付いてくるんです。

しかも「無料サイズ保証」が付いてるので安心して購入できるというわけです。


低価格の秘密は大量仕入れ……剣道具専門店だからこそできるワザなんですよ。

なんでもかんでもいろんな競技のスポーツ用品を扱っている通販サイトでは、とてもじゃないけど、こんなことを成し得ることはできないんです。。

やはり、扱う量が多ければ多いほど価格も安く提供できるというわけです。

しかも

安心の無料サイズ保障:サイズが違ったら無料で交換

全てに胴紐付属

となっていますよ。


ところで、剣道防具をチームで揃えたら、断然カッコいいですよね。

見れば一目瞭然……どうぞ、こちらをご覧ください!

第31回大麻旗争奪中学剣道大会

第42回東別院洗心道場少年剣道大会 -- 小学生の部


なんかとっても凛々しい感じがとてもよく伝わってきますよね。

とにかく、剣道の胴を買うんだったら、断然『剣道防具コム』をお勧めいたします。

ただでさえ大量仕入れで低価格を実現してるのに、もしチーム5人以上で注文すれば、更に一台につき3,000円の割引が適用されるんです。

さあ、どうぞあなたもお好みの胴をチェックしてみて下さいね!!


剣道の胴【幼年向け】はコチラへどうぞ


剣道の胴【小学校低学年】はコチラへどうぞ


剣道の胴【小学校高学年】はコチラへどうぞ


剣道の胴【中学生向け】はコチラへどうぞ


剣道の胴【高校生向け】はコチラへどうぞ


剣道の胴【一般・社会人向け】はコチラへどうぞ


無料サイズ保証!通販で剣道の胴が揃う!【剣道防具コム】


- コンテンツ -

小学生が剣道の胴を選ぶ時の注意点はココ!

どうせなら剣道の防具にもこだわりたい!胴の色

剣道の変わり胴が低価格で購入できる

www.剣道胴.com運営者情報